タトゥー除去 クリニック比較ランキング
タトゥー除去 > タトゥー除去の基礎知識 > タトゥー 除去 レーザー かさぶた

タトゥー 除去 レーザー かさぶた


タトゥー 除去 レーザー かさぶた

レーザーによるタトゥー除去

レーザー除去術は除去したいタトゥーにレーザーを照射し、熱によりタトゥーの染料を燃焼してしまう方法です。

レーザー治療の場合、薄くしていくには数回の治療が必要になってきます。

黒っぽいタトゥーにはQスイッチYAGレーザーを使うところが多いようです。

このレーザーは、組織への透過性が良く、深部にある色素にも有効にエネルギーが吸収されるためタトゥーやアートメイクの除去に使われています。

レーザー照射すると、レーザー光線は色素に吸収され熱分解を起こし、非常に細かい色素に分解します。

そのうち、浅いものはかさぶたとなって、深いものは皮膚内の細胞に取り込まれ、やがては体外に運び出されます。

この反応は非常にゆっくりと進むので、粉砕された色素が排除されるまで次の施術はできません。

ベストな照射間隔は三か月以上です。

一年以上あいても問題はなく、長い分にはいいのですが、短いと色素脱失や、肥厚性瘢痕の原因になります。

レーザー照射の後のかさぶた

レーザー照射をして何日かたつと、照射したところが乾いてかさぶたになってきます。

これが重要で、かさぶたはタトゥーの色素が分解されて皮膚から離れたことを意味するわけです。

かさぶたが剥がれ落ちるまで放置することで、色素を含んだごみが皮膚からきちんと取れることになります。

自然に剥がれ落ちるまで、さわらないようにしましょう。

かさぶたが剥がれ落ちると、下の皮膚は、タトゥーが薄くなっているのがわかります。

これを繰り返し行うことによって、徐々にタトゥーの色素を薄くして消していくのです。

無理にはがすと、せっかく分解されて体外に排出されようとしている色素が皮膚に残ってしまうことになりかねませんので、照射後の注意は必ず守ってください。

この時の肌は日に焼けると色素沈着を起こすので、日に当たらないよう注意が必要です。

何回も繰り返すために肌の状態はなるべく本来の状態に戻しておかなければなりませんから、気長にきちんとケアすることが大切です。

レーザーでタトゥーの除去をする場合、時間がかかるということをしっかり意識して失敗の無いように除去を進めてください。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

タトゥー除去なら大阪、新宿のピコビューティ

クリニックについて

タトゥー除去専門のクリニックで、レーザー治療にこだわっています。
レーザー治療は他の治療法に比べ、痛みや腫れが少なく傷跡も残りにくい最新の治療法です。
その上価格も比較的安価ということもあり、レーザーは最近人気の治療法となっています。
ピコビューティは総合クリニックと比べ、専門性の高い照射技術の高い優秀なスタッフばかりということも特徴といえます。

ジョウクリニック

クリニックについて

ジョウクリニックのタトゥー除去は「Qスイッチヤグレーザー」と「切開切除」の2つの方法があり選べます。
さらに5センチまでのタトゥーなら、たった1回の治療で除去可能なので急ぎの方にもおすすめです。
跡が残らずきれいに消せると評判が良いクリニックです。

タトゥー除去の基礎知識

エリアで探す

ページトップへ戻る
サイトマップ