タトゥー除去 クリニック比較ランキング
タトゥー除去 > タトゥー除去の基礎知識 > タトゥー除去での傷跡

タトゥー除去での傷跡


タトゥー除去での傷跡

タトゥー除去は無傷で治す治療法ではない

タトゥーを除去したいと考えている人達は、タトゥーを除去した場合、「そこは元通りの綺麗な肌に戻るはず」と、誤解している人が多くいます。

この考えは完全な間違いです。

タトゥーを除去したとしても、完全に元通りのまっさらで綺麗な肌には戻りません。

例え、“傷跡が残らない”と言われている医療用レーザーによる除去であっても、タトゥーが有った痕はうっすらと残ってしまうのが現実なのです。

医療用レーザーによるタトゥー除去というのは、タトゥーの墨を皮膚から取り除くだけなので、縁どられていた柄の痕はどうしても残ってしまうものなのです。

タトゥー除去後はアフターケアが大事

タトゥー除去の施術をおこなった後は、入念なアフターケアが必要です。

例えば、医療用レーザーによる除去を行った場合は、施術直後は軽い火傷の状態ですので、運動や飲酒、入浴は厳禁となります。

特に、患部を水で濡らさないように気をつけましょう。

その他、紫外線対策などをしっかりとおこなって、肌の状態が安定するまで余計な刺激を与えないように注意します。

切除術などのような皮膚を剥ぎ取ってしまう除去施術を行った場合は、当日のシャワーや入浴は避けるようにして下さい。

抜糸の済む7日~10日間は過度な運動は避けて、飲酒も控えるようにしましょう。

除去施術後のこうしたアフターケアを入念に行うか行わないかで、肌の仕上がりが違います。

少しでも良い状態の肌に戻したいのであれば、アフターケアに真剣に取り組みましょう。

それでも残ってしまうタトゥーの傷跡

他の除去施術に比べて傷跡が残らないと言われている医療用レーザーによる除去を行ったとしても、アフターケアを万全に行ったとしても、どっちにしてもタトゥーの傷跡は、程度によりますが残ってしまいます。

医療用レーザーでの処置の場合は、うっすらとしたタトゥー柄の線のような傷跡で、それ以外の除去法の場合は、火傷のような傷跡が残ってしまうのです。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

ジョウクリニック

クリニックについて

ジョウクリニックでは、最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入していて、世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医が施術をしてくれます。

20年以上のキャリアを持つ院長を始めとする多くの治療実績をもった専門医が治療にあたるので、安心して治療をお願いできます。

女性は希望によって女医が担当することも可能なので、患者さんのメンタル面にも配慮してくれているクリニックです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

タトゥー除去の基礎知識

エリアで探す

ページトップへ戻る
サイトマップ